永田薫のマジ☆ぎふ バックナンバー

公開収録@岐阜シティ・タワー43

2019/8/18 (日)

今回は、先日 岐阜シティ・タワー43の1階で行われたイベント「永田薫のマジ・トーク 岐阜の魅力を語る」内で行われた公開収録の模様をお届けしました。

 

「薫の岐阜をカクサン大作戦」では、まずはOKBふれあい会館サラマンカホールを中心に活躍している「サラマンカ少年少女合唱団 コロ・ジュニオール」をご紹介。

コロ・ジュニオールは、歌だけでなく体を使った表現や、演劇的な要素も取り入れ、幅広い演奏を行なっている合唱団。

実は薫くん、OKBふれあい会館で開催された「ふれあいサマーフェスティバル2019」でステージを務めたコロ・ジュニオールを間近に見てきたのです!
団員の皆さんとも仲良くなり、頂いたお礼のメッセージもご紹介しました。

続いては、来年放送が始まる大河ドラマに合わせて岐阜市歴史博物館内にオープンする予定の「麒麟がくる 岐阜大河ドラマ館」をご紹介。

薫くんも扮したことがある織田信長に、明智光秀、斎藤道三を加えた岐阜にゆかりの三武将を中心に、様々な展示で戦国武将ゆかりの地 岐阜を体感することができます。

柴橋岐阜市長からも「ドラマ館に何度も来て下さい!」とメッセージを頂きました。

 

家紋についての知識も披露した薫くん、おやつタイムで頂くのは、2度目の登場「家紋アイス」。葛を使ったひんやり冷たいアイスは、熱気あふれる会場でも溶けず、しかももっちり不思議な食感で、クセになります。

 

今回のプレゼントコーナーは「鮎菓子詰め合わせ」です。

当選人数はこちらも2度目の登場「スーパーボールすくい」。15秒の制限時間の中、なんとか5個をすくって5名様にプレゼントできることになりました☆

▲ページトップへ戻る